第75回新潟県陸上競技選手権大会

大会情報

2021年05月26日

2021.05.26【6/5(土)第75回新潟県陸上競技選手権大会 長距離種目 事前体調チェック期間について】

 

第75回新潟県陸上競技選手権大会 長距離種目では、新型ウイルス感染防止対策のため、施設内にご入場いただく選手・チーム関係者の方の事前の体調チェックを実施します。

『テレサ-体温記録活用アプリ―』にご登録いただき、大会1週間前および大会後2週間の検温・体調チェックのご協力をお願いします。

 

【体調管理チェック期間】

■大会前1週間体調管理期間 5月29日(土)~6月5日(土)

■大会後2週間体調管理期間 6月6日(日)~6月12日(土)

 

※事前チェックのため、体調記録については、6月4日(金)12:00までにご入力ください。

 

※問診項目にチェックが入った場合や、体調および体調不良が懸念される方には主催者よりご連絡させていただく場合があります。

 

※37.5度以上の発熱、疑いの賞状のある場合は会場への入場は認められません。

 

以下よりご登録をお願いします。

テレサ利用方法案内文(県選長距離)

 

 

 

 

 

 


 

2021.05.01【第75回新潟県陸上競技選手権大会 兼 第76回国民体育大会新潟県選手選考会開催のお知らせ】

 

■主 催  一般財団法人新潟陸上競技協会

 

■後 援  新潟県教育委員会 公益財団法人新潟県スポーツ協会

 

■期 日  2021年6月5日(土)・7月17日(土)・18日(日)

 

■会 場  デンカビックスワンスタジアム(競技場コード:161020)

 

■競技種目

[男子] 100m、200m、400m、800m、1500m、5000m、10000m、110mH、400mH、3000mSC、5000mW、4×100mR、4×4000mR、走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投、十種競技
[女子]100m、200m、400m、800m、1500m、5000m、100mH、400mH、3000mSC、5000mW、4×100mR、4×400mR、走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投、七種競技

 

※ 少年国体種目と高校男子投てき種目をオープンの扱いで実施する。その際、高校男子投てき種目については3回の試技とする。なお、それぞれの種目において優勝しても選手権者とはならない。また、8位以内入賞者としての北陸選手権への出場権も生じない。
少年国体種目(出場資格は国体出場資格と同様とする。):少年男子B3000m、少年男子B砲丸投(5.0㎏)、少年男子共通110mJH(0.991/9.14)、 少年女子A3000m、少年女子B100mYH(0.762/8.5)、高校男子(出場資格は高校生のみとする):砲丸投(6.0㎏)、円盤投(1.75㎏)、ハンマー投(6.0㎏)

 

 

■出場資格
(1)2021年度一般財団法人新潟陸上競技協会登録者であること。
(2)学生競技者は、地区学連登録料とは別に一般財団法人新潟陸上競技協会に登録料(1,000円)を納入していること。混成競技については、競技運営上の理由からオープン参加は認めない。
(3)参加標準記録(別表)を突破していること。資格期間2019年4月1日~2021年5月31日
(4)ふるさと選手と外国籍(中学生・高校生を含む)の選手については、オープン参加とする。(決勝には進めるが、順位に入らない)

 

 

■新型ウイルス対策について
・新型ウイルス感染拡大の状況等により開催中止となる場合もある。その場合は参加料の返金は行わないことを承諾して申し込むこと。
・『テレサ― 体温記録活用アプリ―』にて、大会前後の体調観察を行い、来場者の身元を把握する。参加競技者およびチーム関係者は、大会前1週間、大会後2週間の検温・問診の入力を行うこと。また、主催者より体調確認またはPCR検査を求める場合がある。
・メイン競技場正面付近で非接触の検温を実施する。選手及びコーチ・監督などチーム関係者は毎日検温を受けること。
・当日、検温で37.5℃以上の場合、参加を認めない場合がある。大会3日前から当日の間に新型ウイルスの感染の疑い症状がある場合は参加を認めない。
・来場にあたっては、マスク・タオルを持参し、運動時を除き原則マスクを着用すること。
・飛沫拡散を防ぐため、声を出しての応援、集団での応援を禁止する。
・競技会終了後、2週間以内に新型ウイルス感染が確認された場合は、主催者(新潟陸協)に報告すること。

 

他、申込方法等詳細は下記よりご確認ください。

 

大会要項

 

申込用紙

このページのトップへ