第72回福岡国際マラソン選手権大会

お知らせ

2018年12月02日

2018.12.2【第72回福岡国際マラソン選手権大会 服部 勇馬選手 優勝】

 

福岡国際マラソン初出場となる服部 勇馬選手(トヨタ自動車)が2時間7分27秒で日本勢で14年ぶりとなる優勝を果たし、また、2019年9月15日に開催する2020年東京オリンピック代表選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権も獲得しました。優勝タイムは日本歴代8位。

 

服部選手は新潟県十日町市出身。東洋大学時代は在学中から「東京五輪」を明確な目標に掲げて取り組み、箱根駅伝では20年ぶりとなる花の2区2年連続区間賞獲得の偉業を成し遂げ、4年時に初マラソンとなる東京マラソンに出場(日本人4位の12位)、社会人1年目の東京マラソンでは、日本人4位と世界選手権の座を掴むことはできなかったものの、2時間9分46秒のサブ10切りを達成。同年の第56回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会では4区区間賞を獲得し、チームの優勝に貢献するなど着々と力を付け、今大会では更なる偉業を成し遂げました。

 

今後も更なる活躍と、2020年東京オリンピック出場に向けて服部選手へ声援をお願いいたします。

 

 

 

 

 

このページのトップへ